お知らせ

interview|SweetCandyが放つ幸せな可愛さ

2019年8月30日 金曜日

第二次ドメスティックブランド革命!
SweetCandyが放つ幸せな可愛さ


profile 椎名 鈴音
SweetCandy 代表/デザイナー。
群馬県出身 ふたご座のAB型。
愛犬はトイプードルのミランとシシリー♥
化粧品会社勤務時に
「ここはわたしの居場所ではナイ」と思い退職。

2008年にSweetCandyを立ち上げ現在に至る。

ドッグアパレルにおいて、インポートブランドを日本国内に広め、ドッグファッショニスタに多大な影響を与えた『SweetCandy』が、満を持して、令和元年に自社オリジナルブランド『SweetCandy』を創設。まさしく、新時代を迎え、新たな境地を見出したバイヤーでありデザイナーでもある、『SweetCandy』代表、椎名鈴音氏にお話を伺った。

― 『SweetCandy』立ち上げ当時、国内のドッグアパレル市場は黎明期だったと思いますが、海外のドッグアパレルに目を向けたのは何故ですか?

当時ももちろんオシャレなブランドやアイテムが沢山あったのですが、何かパンチやインパクトに欠けた保守的なデザインが多いなと感じており、自由奔放で常に進化し続けるデザインを生み出す海外ドッグアパレルが新鮮だ!と思ったからです。

― そうですね。当時(10年ほど前)国内では、『お洋服を着用する』こと自体に、違和感を感じる飼い主様が多かったため、『個性的』なお洋服を製造すること自体にリスクを感じる国内メーカー様が多かったのかも知れません。そんな中、個性的でパワフルなインポートブランドが、椎名さんを始めとする黎明期を支えたバイヤー様が、日本のドッグファッショニスタへ発信し、今の国内ドッグアパレルブランドの市場が活性化した要因であると思います。椎名さんが、インポートブランドをセレクトする上で重要にしているポイントを教えてください。

まず日本に置かれていない、かつインパクト大なブランドを探す事をポイントにしています。わたしが派手好きなので(笑)それから一度発注してみて、そのブランドの発送やレスポンスなどの対応や商品の状態などを実際に見て、レギュラーでお取扱い出来るかを判断していました。

― 海外取引の難しさは、どの業界でも共通の悩みですね。日本人は島国で生まれ育ち、遣唐使や鎖国を通して海外の良い点を取り入れ独自に発達しました。日本独自のドッグアパレル文化は、まさしくそれに当ると思います。日本が世界に誇る『KAWAII』文化。椎名さんが、考える『KAWAII』の定義を教えてください。

【『KAWAII』はHAPPYである】です♪可愛いって言われて嬉しくない人はいないし、それはどんな事に対してもそう。メイクが可愛い、お洋服が可愛い、愛犬ちゃんが可愛いなど、自分に対して可愛いって言われる事って最高にHappyですしモチベーションも上がりますよね!だからわたしはお店づくりやブランド展開も、『KAWAII』=HAPPYを心掛けています。

― 椎名さんに、刺激を与えた人やブランドを教えてください。

雑貨屋さんの【SWIMMER】です。もう今はなくなってしまったのですが、世界観が凄く独特の可愛さで心からツボでした。デザイナーさんは本物の天才だと思っています。わたしもそんなドキドキする様なデザインをしたいなってずっと思っています。実はコラボ企画を今進めていて・・・。わたしにとっては夢の様!可愛くてどうしよう~!ってお洋服を製作中なんです♪

― SWIMMERとのコラボレーション!大変楽しみです!そんな中、令和元年。満を持して自社オリジナルブランド『SweetCandy』立ち上げを決意したのはなぜですか?

ずっとオリジナルを作りたいなとは夢抱いてたのですが、まぁ色々タイミングとかもあり出来ないでいて。でも絶対作りたかったのでデザインはずっとしていました。そしたら、あれもしかしたらそれって今じゃない?ってふと思ったので今回スタートしました。物事って、やりたい!って思う時と、それを実現するタイミングってわたしにとっては違うと思うから、地味に地味にデザインだけしていました(笑)

自社オリジナルブランド『SweetCandy
第一弾初期デザイン

― 立ち上げに障害などはございましたか?

障害は特になかったです。ただ、お洋服が自分のイメージと違った物になって何度もやり直したり、小さな位置にもこだわったりしたので、ボツデザインなども出て来て。完成までに時間がかかってしまったのですが、これは障害というより「なるほど~!!そういう事もあるのね☆」と学ばせて頂いたので、経過が全て楽しかったです♪

― 「無から有を生み出す力」アイデアと実行力ひとつで新しい商品やサービスが生まれ、社会が大きく変わる時代になりました。オリジナルブランド『SweetCandy』も、そんな令和の代表ブランドになる予感がします!オリジナルブランド『SweetCandy』のテーマを教えてください。

凄く個性的なんだけど、実用性に優れていて着やすい!!がテーマです。「え~なにこれ~面白いし可愛い!!どこで買ったの??」って言ってもらいたいです♪しかも、着用感グッドで着脱も負担ないよね♪みたいな。

お洋服が自分のイメージと違った物になって
何度もやり直したり、小さな位置にもこだわったという
完成前のスケッチ。
バナナとクマのテキスタイル=『SweetCandy』という
強烈なかわいさとインパクトを与えた。
ブランドのファーストウェアとして、
完璧なブランディングを確立した。

― 一つのムーブメントとなっております、『愛犬撮影会』を多く主催、取材する我々も、短時間で着替えを繰り返すことで、愛犬への負担を危惧しておりました。『着脱のしやすさ』は、非常に重要ですね!第1弾となる、バナナくまシリーズですが、デザインのコンセプトを教えてください。

ポップ、派手、個性的、「え、くまとバナナって何その組み合わせ(笑)」の謎感を一気に詰め込みました♪夏は一枚ですっきりと着れて、冬は重ね着しやすい様に、柔らかくサラリとしたジャージー素材を使いました。伸縮性も抜群で、まさに個性的なんだけど実用性バッチリ!


― これからの展望をお聞かせください。

あ!これSweetCandyのだよね!ってすぐわかる様なブランドにしていける様、これからも自分の感性でブレないデザイン展開をしていきたいです♪ワンちゃんのお洋服って、ほんとオシャレなアイテムが沢山あるから、ワクワクしちゃいますよね♪そんなワクワクブランドの一員になれる様に頑張ります!これからもどうぞよろしくお願い致します!

https://www.sweetcandy.co.jp/

お知らせ一覧を見る